スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリさんマークの引越社元社員12人 会社側に7000万円の破損事故不当な給与天引返還求め提訴

アリさんマークの引越社の元社員12人が仕事中に破損させた貨物の弁償金を給与から、不当に天引きされたのは、違法として7月31日に名古屋地方裁判所に提訴したと、CBCテレビ イッポウにて報道されました。
http://hicbc.com/news/index.asp
 引越しの作業中に壊れた荷物の弁償金などを社員に支払わせるのは違法などとして、アリさんマークで知られる「引越社」の元社員らが、支払った弁償金など約7000万円を会社側に求める訴えを起こしました。
 名古屋地裁に訴えを起こしたのは、名古屋市中川区の引越社の元社員、鈴木拓也さん(28)ら12人です。
 訴状などによりますと、「引越社」では、作業中に壊れた荷物の弁償金などを社員の給料から天引きする仕組みになっています。
 鈴木さんらは、このような費用は会社が負担するべきで、社員に支払わせるのは、違法だとして弁償金など合わせ約7000万円を「引越社」側に求めています。
 「電柱に当たってしまい、その時は40万円払えと会社から言われ支払った。割りに合わない」(提訴した元社員・鈴木拓也さん)
 「引越社」は、「訴状の内容確認ができていないのでコメントは控えたい」としています。(31日19:07)
スポンサーサイト

相模鉄道と相鉄バスでストライキ 午前6時半に解除


相模鉄道と相鉄バスでストライキ 午前6時半に解除

2014年3月20日09時23分 朝日新聞デジタルより


 相鉄ホールディングス、相模鉄道、相鉄バスの3社(いずれも本社・横浜市西区)の労働組合(組合員1806人)は20日始発からストライキに入り、午前6時半、ストを解除した。電車とバスは午前7時から順次運行を開始した。約6万人が影響を受けた。

 会社側によると、労働協約の改定と賃金をめぐる交渉が続いていたが、始発までに妥結せず、ストを回避できなかった。相鉄とバスのストライキは2009年6月以来。

 相鉄と小田急が乗り入れる大和駅では、自動改札機や券売機、モニターなど、構内にあちこちに「スト決行」と書いた紙が張られ、隣には「小田急は平常通り運行しています」との掲示があった。

 午前6時前から、窓口や改札に人だかりができ、振り替え輸送ができないと分かると、「自分でいけというのか」「料金返せ」「放送ぐらいしろ」など怒号が飛び、ストの張り紙をはがして投げつける男性もいて混乱した。

残業代不払いの疑い、派遣業「新日本」捜索 大阪労働局

 従業員に労働時間に見合う時間外賃金を支払わなかった疑いがあるとして、大阪労働局は15日、人材派遣大手「新日本」(大阪市北区)の本社と関係先3カ所について、労働基準法違反の疑いで家宅捜索を始めた。

 労働局によると、新日本は2010年~11年の約1年間、一部の従業員に法定の労働時間を超えて残業や時間外労働をさせていたのに割増賃金を支払っていなかった疑いがある。実際の労働時間に関わりなく、固定給と一律の定額手当しか支払っていなかったとみられる。

 新日本は全国7カ所に営業拠点があり、労働局は時間外賃金の不払いが常態化していた可能性もあるとみて、調べている。

名古屋の老舗悪徳派遣会社の従業員から貸金回収(株)ニッコー 実例

名古屋市中川区西日置町9丁目111番地に本社を有する、株式会社ニッコーの元契約社員から、3年以上前に貸した、金銭を名古屋簡易裁判所において「支払督促申立」を行い弁護士に依頼し「弁護士照会」実勤務先の調査を愛知県弁護士会を通じ、債務者(借金をした本人)が住むマンションの管理会社に対し「勤務先照会」を掛けたら、同社勤務であることが分かり、仮執行宣言付正本が発付されても、なお支払いに応じなかった為、名古屋地方裁判所「債権執行係」の名古屋地裁「書記官」に対し8月16日に「強制執行手続」(給与債権)の差押手続きに踏み切り、何度も債務者(借りた本人)が裁判所からの「特別送達」の受け取りを拒否した為、本人の自宅や職場に再三に渡り、名古屋地裁からの送達物を会社側も受取を拒否した為、付郵便送達(書留郵便に付する送達)手続きを行い、会社(第三債務者)と本人(債務者)に付郵便送達手続によって、本人の受取の有無に関わらず「送達されたとみなされる制度」で無事に貸金債権を給与から差し押さえる事が出来ました。

同社では、以前も給与債権の差押命令が名古屋地裁から、出された事例が度々あると聞きましたので、絶対に同僚等に金銭を貸さないでください。

株式会社WSS 一般労働者派遣業(般23-300017)

本社所在地
(エリア本拠点)
愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークビジネスセンタービル23F
TEL : 052-265-7300 FAX : 052-265-7301

代表者名
野々垣 聡一郎

サービス地域
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・埼玉県・茨城県・大阪府



登録場所
3ヵ所 登録場所一覧はこちら
愛知県名古屋市
埼玉県行田市
沖縄県那覇市



会社URL
http://www.w-s-s.co.jp/


無料求人誌an他で家電販売員の募集をしており、履歴書及び職務経歴書を提出後、2か月経過しても、まったく仕事の紹介がない。
個人情報を搾取する悪徳人材派遣会社です。


(被害例)
20歳女性   
登録後、全く連絡がなく仕事を紹介してもらえない、一体どんな会社なのか?と疑いたくなる。

36歳男性
本社まで登録に行ったが、全然仕事の紹介がない、登録に行って掛かった交通費を返せと怒り心頭である。

25歳女性
派遣場所の職場環境が最悪で、この会社の担当者も適当で曖昧な点が多いので、今すぐにでも辞めたい。

(会社内部の情報)

取締役 影山 裕紀は元派遣の営業マンであったが、とても感情的で自分が気に入らないスタッフに賃金を支払わないぞ!!等と脅しをしていた人物が取締役であるので登録は辞めた方が賢明である。
管轄の労働基準監督署に賃金不払いの恐れがあると通報し賃金を法的に支払わせた経緯もある。
※元登録スタッフからの情報。
電力使用状況&電気予報
プロフィール

派遣・労働の番人

Author:派遣・労働の番人
労働者派遣法と言う、空前の差別労働法を廃案に追い込む為
ノンフィクションで厳しく断罪し、派遣切りのほか新卒者切りと言う求職者の弱みに付け込む企業らを厳しく断罪するサイトです。
虚偽の求人情報などがありましたら、どしどしメッセージをお寄せ下さい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2カウンター ここから -->